伊雑アゴバルのメモ帳

更新はそんなにしないつもりです…個人的に思ったことをまとめるような感じです…

へヴィメタルに対する思い その1

ブログを半年以上前に開設したのに全然何も書いてないというね…とりあえず、自分の音楽のジャンルでとりわけ大好物のへヴィメタルへの思いみたいなものを書きたいと思います。

まず、そもそもメタルにハマる前はどういう音楽を聴いていたのかというと、クラシック昔のロックンロールや洋楽・挙句の果てにはニコニコで流行ってた曲を聴いていたという少し変わった子供時代(?)を過ごし、5年ほど前まではクラシック洋楽J-POPの有名どころという優先順位で聴いてたんですが、このから洋楽のロック(Yes, King Crimson, Led Zeppelin, Deep Purple, Queenなど)を聴き始めるようになりました。その中には明らかにメタルの曲が確かに入っていましたと思います(Iron Maiden, Van Halenなど)。それで、4年半前くらいに友人がDream Theaterを紹介してくれたのを皮切りに一気にメタル沼へとズブズブハマっていきました。ちなみに、グロウル(俗にいうデスボ)とかはSlipknotTriviumとかで慣れました。いやぁ、聞き始めたころはブラックメタルとか聞いたらヤバそうだなとか思ってたのに、今はブラックメタルとかデスコアとかブルデスとか聞いてるからね、慣れは恐ろしいね(笑)。

で、なんでメタルにとりわけ馬鹿みたいにハマっていったのかなぁと自分なりに考えたときに、僕は恐らく小さい頃からそういう音楽にハマる環境にあったのではないかなぁと思うんですよ。小さい頃とかハワイに旅行してた時はポリネシアンダンスの音楽とかグルーヴィーで結構心が躍るような、体が動きたくなるような感じがしましたし、ニコニコで流行ってた曲(RED ZONE、最終鬼畜妹、千本桜、裏表ラバーズなど)とかも同じような感覚になったような気がします。後、これはかなり重要かなと思ったんですが、クラシックとメタルの共通点(テクい、壮大、激しい(?)など)がかなり多かったのもハマった理由だったりするのかなと思いましたね。

まあ、こういうわけで僕はメタラーとなったんですが、まだまだメタルの有名どころで全然知らないバンドとか(Venom, Dokken, Blind Guardianなど)あるのでこれからもどんどん聴きたいと思いますし、メタルだけじゃなくてジャズとか邦ロックとかラップ(Pat Metheny Group, MY FIRST STORY, Creepy Nutsなど)とか他のジャンルも聴いて作曲の幅を広げたいなぁと思ってます。

ひとまずここで終わりたいと思いますが、絶対この記事だけじゃ僕のメタルに対する思いは伝えきれないと思うので、また思いついたら続きを書きます(笑)。